So-net無料ブログ作成
藤本式記憶術 ブログトップ

記憶術”日本一”を勝ち取った藤本憲幸の「超」記憶術 センシティビティー [藤本式記憶術]

藤本式記憶術

記憶術”日本一”を勝ち取った藤本憲幸の「超」記憶術 ---Sensitivity---


絶対に受から無くてはいけない試験が迫っているのに、思ったように勉強がはかどらなかったり、徹夜で勉強してテストに臨んだのに、せっかく覚えた個所を忘れてしまったり・・・

貴方も似たような経験があるのでは無いでしょうか。

これは、いわば受験生の宿命であり、「試験制度」というものがこの世にある以上、
文句ばっかり言っていられないのが現状です。

.



突然ですが、貴方が小学生だった時を思い出してみて下さい。

おそらく、歌手の名前やマンガや本の内容、は勿論のこと、その日起こった出来事等を、今よりも、はっきりと思い出すことが出来たのでは無いでしょうか。

その理由は簡単で、小学生位の時は“記憶力”がバツグンにいいからです。


しかし、残念ながら、わたしたちの脳は17歳位をピークに、
徐々に記憶する“力”が低下していくと言われています。


そのため、その頃と同じ方法で一生懸命覚えようとしても、やはり限界があります。

はっきり言ってしまえば、世の中に出回っている“記憶力”に頼った学習法で勉強している限り、どれだけがんばって、必至で覚えようとしても記憶出来ないのは当たり前なんです。 

.
藤本式記憶術

藤本式記憶術



そこで、わたしが提唱しているのが「記憶術」です。

この話をすると驚かれることが多いのですが、わたし自身は記憶力が優れている訳ではなく、
それ所か、苦手だといったほうが正しいと思います。

それにもかかわらず、今までに4度も記憶に関する大会やコンテストで優勝する事が
出来たのは、この“記憶術”を活用していたからに他なりません。

記憶術とは、その名のとおり、“術”であり、“力”では御座いません。

そして、最も重要なことは、記憶術は、生まれ持った能力や才能は一切関係ない、
練習さえすれば、容易に習得する事が出来るシンプルな“テクニック”だと言う事です。 


藤本式記憶術

藤本式記憶術

~藤本式記憶術~日本一の記憶王が教える非常識な勉強法



わたしのもとへ訪れるクライアントさんの多くは初めそう思っていたと思います。

しかし、


「入学試験」を例に挙げると・・・

東大、早稲田、京大等のいわゆる5大難関大学を目指して、わたしの記憶術セミナーに参加されて、次々と結果を出す人が続出して話題になりました。


高校生時代に、「お前は絶対に大学何て無理だからあきらめろ!」と先生にいわれた生徒さんが、記憶術をマスターして地元の大学に見事合格していきました。
記憶術ランキング
「資格試験」を例に挙げると・・・

実は、現在、弁護士・税理士・行政書士として活躍されている方の中には、この藤本式記憶術のセミナー受講生が少なからずいます。


最近では、「手に職をつけたい」という思いで、仕事しながら記憶術をモノにしていき通信講座で見事、資格を取得した方がいました。
更に、実際に記憶術を使って、東大等難関大学を突破したクライアントさんから
こんな声をいただきましたので、ここで貴方にご紹介したいと思います。

.

  ”司法書士試験に一発合格”
磯村 正樹さん 26歳 鳥取県

・ 実践期間:7ヶ月
・司法書士試験

先生にご報告があります。
実は、司法書士試験に合格してしまいました!しかも、一発ですよ!

わたしの友人は、皆驚いていました^^

記憶術”日本一”を勝ち取った藤本憲幸の「超」記憶術

記憶術”日本一”を勝ち取った藤本憲幸の「超」記憶術 ---Sensitivity---

【3日間キャンペーン】記憶術”日本一”を勝ち取った藤本憲幸の「超」記憶術 ---Sensitivity---


「なんで、いつも遊んでいるお前が合格できたの?」
「数ヶ月前まで、初歩的な事も全然理解してなかったよな!どうしちゃったの?」

と言われました。

まぁ、皆に言うと多分「???」ってなると思うので言うのはやめておきました。

しかし、この記憶法は本当に凄いですね。
スラスラと頭に入ってきます。

しかも、1度覚えたら絶対に忘れないです。
半年前に覚えた、ものもはっきりと記憶しています。

本当に出会えて良かったと思います!
これから、司法書士として仕事を覚えてバリバリと働きます。

有難う御座いました!


>>更に詳しい内容はこちらから







共通テーマ:学問
藤本式記憶術 ブログトップ
面接が苦手 社労士試験勉強法 宅建勉強方法

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。